ホームページ移転のお知らせ

10月1日よりホームページをリニューアルしました。

馬主席の達人
http://skeiba.blog.shinobi.jp/

相互リンクも募集していますので、どうぞお気軽にご連絡してくださいね(^^)

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。


新着競馬記事競馬新着
2005年11月30日

第5話 馬主の醍醐味

馬主さんって儲からないのにどうして馬を持つの?
馬を持つというのは名誉とか優越感とかを味わうもので損得の問題ではないんだ。あのGT馬のオーナーだと言われたいし、自分の馬の子供が走る姿を見たいんだ。だから仮に勝てなくても大丈夫な財力を持った人しかできない楽しみなんだ。自分が見つけた馬が試練を乗り越えてデビューして1つ勝った時の喜びは本当にいいもんだよ。
そう言えば、先生も隠し仔がいたんでしょ?
結構いたね。自分で初めて一口入ったのが、確か・・・20歳の時・・・大学生?(大学生はクラブに入れたっけ?おそらく申込書に会社員と書いたのかな)
さすが先生ですね。少ないお金をそこに回すとは。
デビュー戦を勝った馬も何頭かいたよ。しかもみんな万馬券でね。けど当時は今みたいに全国どこのレースも馬券が買える訳じゃなかったからどれも獲ってないというか買えなかったんだよなあ。
さすが先生ですね。その反動で今はいっぱい買うんだ。
(案外当たってるかも・・・)そう、目の前で走る時は子供の運動会を見に行くお父さんはこんな感じなんだろうなあと思いながら見てたよ。
もちろん馬券も買ってでしょ?
少しは応援で買うけどそんなに期待はしないよ。1周目のゴール板過ぎる頃には、無事に1周まわって来いよ〜ってな感じでね。
その後は?
3コーナーぐらいからスーッと上がって来ると「ん、ひょっとして・・・」
それから?
直線向いて「行けー!差せー!交わせー!あ〜あ〜4着!ムムムムム」
やっぱり。無事に1周まわって来たらいいと言ってたのに。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
競馬カテゴリ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。