ホームページ移転のお知らせ

10月1日よりホームページをリニューアルしました。

馬主席の達人
http://skeiba.blog.shinobi.jp/

相互リンクも募集していますので、どうぞお気軽にご連絡してくださいね(^^)

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。


新着競馬記事競馬新着
2005年12月12日

第10話 単勝式が馬券の基本

4連複・4連単・5連複・5連単・・・
ようちゃんそのまま17連複まで行くと、最下位を当てる単勝式になるからね。
ホントだ。
今回からはひとつずつ見ていくからね。まずは単勝式から。
勝つ馬を当てる馬券だよね。
そうだよ。全部の馬の単勝を買えば儲かる儲からないは別にして絶対当たるということだよ。
先生でも?
さずがにそれでハズレるほどの力はないよ。とにかく全部の馬券の基本だからこれがわかれば当たり前だけど負けることはないよね。
全部の馬券の基本?
例えば絶対に勝つ馬がわかれば、その馬を1着にして馬単の相手を全通り買えば絶対当たることになるよね。
ホントだ。仮に3連複を当てると考えると残りの2頭の組み合わせを全部買うと考えればいいんだね。
考え方はそうだね。1着が決まれば3連複だったら残りの2頭の馬連を、3連単だったら残り2頭の馬単を当てることになるね。単勝から始まって馬連や馬単・3連複・3連単と配当が大きくなるから、どれが一番いいかレースによって選択しないとね。
前に言ってた臨機応変だあ。
例をひとつ。昨日中山競馬場の新馬戦で、テレビのジャンクスポーツで紹介してた関口さんのフサイチジャンクという馬がデビューしてたよね。
知ってるよ、武豊が乗るんでしょ。それで勝ったの?
残念ながら勝ってたね。100円買って120円ぐらいかと思ったら、220円もついてたね。こういうレースは素直に買うということだね。
残念ながらということは・・・。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/10563015
競馬カテゴリ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。